Work of Nurse

実際に転職活動をして分かった!精神科看護師は経験年数に入るのか?

こんばんは。みひろ(@mihilog)です。

今回は私の転職活動の経験を元に、精神科看護師としての経験は基本給を決める経験年数に入るのか入らないのかを検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ転職活動をしたのか?

これだけ精神科看護の魅力をあーだこーだ書いているのに「なに?転職しようとしたん?」と思ったそこのあなた、なかなか鋭いですね。

あわせて読みたい
精神科一筋の中堅看護師が語る精神科看護の魅力ややりがいについて!こんばんは。 今日は約15年精神科一筋のみひろが精神科看護の魅力とやりがいについて永遠と語らせていただきたいと思います。 ...

この記事を読んでもらえると分かってもらえると思いますが、私は精神看護、精神科看護愛であふれています。

じゃあなぜ転職しようと行動したのか??

それは・・・

息子の育休明けに入れる保育園がなく、働いている病院に託児所がなかったから!!

という理由です。そんな理由で精神科看護を諦めたのか?と思われるかもしれませんが、当時夫の給料は20万円ほど。

産休、育休中は社会保険から6割の手当がもらえていましたが、延長できても1年半まで。

息子が保育園に入れなければ働けない。家計を切り詰めても無理!となり転職活動に踏み切ったのです。

私が転職活動をした時の最低条件は?

現在の病院の待遇に不満はないし、精神科看護が大好きでもそれにも代えがたいのが子供と家族との生活です。

たとえ託児所のある病院が見つかったとしても、家庭を優先できないような職場では困ります。

なので協力してくださった転職サービス会社さんにはしっかりと転職の時の最低条件を伝えておきました。

  • 自宅から30分以内で車通勤可能
  • 託児所がある(夜勤をするなら夜間保育も)
  • 夜勤は2交代なら2回/月(できれば週末)
  • 教育制度が整っている

理想をあげればきりがないのですが、こんなむちゃくちゃな条件提示にも合う病院を探してくれて、3件の病院と託児所を見学し、2件の病院の面接、給与提示を受けました。

転職活動による基本給の提示は?

当時の私の給与は額面金額29万円、そこから引かれものがあったので(すべて税金や社会保険なので奨学金の返済や財形などはありません)大体手元には20万前後でした。

勤続7年、精神科のみ(精神科救急病棟、認知症病棟を経験)、夜勤なしでした。

A病院の提示

A病院のスペック

・一般科急性期病棟、回復期リハ病棟
・2交代の夜勤は最低2回/月
・週休2日
・自宅から5分
・託児所近場、週に1回だけ夜間に託児所を開所しておりその日にママたちが夜勤をする

→→→額面金額32万円

B病院の提示

A病院のスペック

・一般科急性期病棟、回復期リハ病棟、療養病棟
・2交代の夜勤は最低2回/月
・週休2日
・自宅から10分
・院内託児所、夜間なし

→→額面金額35万円

スポンサーリンク

精神科の経験は経験年数に入るのか?その理由は?

結論から言いますと、

「精神科での経験は転職時に基本給を決めるための経験年数に入る」ということです。

現在一般科病棟での入院患者さんでも何かしらの精神疾患や認知症を患っている方が多くいらっしゃいます。

そんな中に精神科での経験ありの看護師がいることで、対応方法を指導することができます。

認知症や精神疾患の症状に応じてのコミュニケーション技術や対応方法は違います。

また一般科で看護できる範疇なのか、精神科での治療が必要な範疇なのかを判断することもできますので精神科看護師は重宝されると言えますね。

もう一点精神科看護師が必要とされる理由。

それは患者様ではなく職員のメンタルヘルス

以前違う記事でも書かせていただいたように、病棟看護師は女の園であり陰湿、また重責な仕事であるが故にうつ病の発症が多いということです。

あわせて読みたい
看護師は人気の職業?子供を看護師にならせたくない5つの理由こんばんは。 当ブログの管理人の「みひろ(@mihilog)」です。 今日はびっくりするくらい寒かったですよね? 看護師は...

精神科看護師は常に精神疾患を患っている患者様と接し、コミュニケーションをとったり生活や対応の仕方を考えたり等をしているので、そういった方々と接するのは得意分野だと思われているのです。

私が実際にB病院で言われたことは「技術は後からでもついてくるから、新人中堅のメンタル的サポートができる人がほしいと思っている」という言葉でした。

  • 一般科に入院する患者様が認知症を合併しているケースが多くなった
  • 職員のメンタルヘルスもフォローできるのでは?と思われている

 

まとめ

いかがでしたか?

精神科は医療的看護的技術がないと思われ施設看護師のように経験年数に入れてもらえないのかという噂がある中で私はかなりの高額提示をしていただくことができました。

最終的に転職はしなかったのですが、転職を考えられている・転職すると決めた精神科看護師の皆さんは自信を持って転職活動頑張ってくださいね。