Work of Nurse

看護師は人気の職業?子供を看護師にならせたくない5つの理由

こんばんは。
当ブログの管理人の「みひろ(@mihilog)」です。

今日はびっくりするくらい寒かったですよね?

看護師は(もちろん)ナース服を着ているのですが、半袖なので寒くて寒くてしょうがない。

みーにゃん
みーにゃん
ちゃんと長袖着ていったよ~

さすが、おっとりながらもしっかりさんな娘ちゃん。服のコントロールもお手のものだったようですね。

ところで2018年子供に人気の職業が発表されたのですが、皆さんは結果をご存じですか?

ひーぴょん
ひーぴょん
もったいぶってないで早く言いなよ~

2018年人気職業ランキング

1位 看護師
2位 編集者
3位 金融業界
4位 イラストレーター
5位 ツアーコンダクター

(13歳のハローワーク公式サイト調べ)

だったんです!これは2018年8月1ヶ月間調べだったのですが、実は2連覇なんです。

みひろ
みひろ
いーえい!看護師一位やん!

しかーし現役看護師の私にとっては子供に選択してほしくない職業NO1なんです。

それはなぜなのか?

・女の園でありイジメが陰湿

・仕事内容に比べ給料が低い

・医者に遊ばれやすい

・うつ病にかかる人が多い

・離婚率が高い

という理由なんです。

それでは現役看護師のみひろが解説していきますね。

スポンサーリンク

看護師をおすすめしない5つの理由

女の園でありイジメが陰湿

オペ場や精神科、小児科など特殊な科を除けば働いているスタッフはほぼほぼ女性です。

できの悪い看護師、空気が読めない看護師、男関係にだらしない看護師は特にいじめの対象になります。

仕事柄ストレスフルなので、いじめで自分のストレスを発散しているような人もいると聞きます。

指導といいながら執拗で過剰な指導をしている場面もあり、受け手によっては指導の域ではないと感じることもありえます。

みひろ
みひろ
白衣の天使はどこへやら?

仕事内容に比べ給料が低い

世間一般に看護師の収入は多いと思われていますよね?

確かに同世代の女性の平均年収と比べれば150万ほど多いのではないでしょうか?

しかしサービス残業当たり前、時間外の研修に委員会など拘束時間を考えれば決して高い給料ではないです。

しかも夜勤してなんぼのところがあるので、夜勤をしていなければ非常勤でしか雇ってもらえないなどますます年収は下がりますね。

医者に遊ばれやすい

都市伝説かと思われるかもしれませんが、医者と不倫している看護師はとてつもなく多いです。

私の周りや同期の話を聞いても多いです。

看護師は必死だけど大抵医者は遊びです。

女性側も割り切っていればイイのですがね、そういうわけにもいかないでしょ女って?

うつ病にかかる人が多い

多いところではほぼ毎日患者様の死亡と向き合っているところもあります。

上でも書いたみたいに陰湿ないじめや厳しすぎる指導。

夜勤で生活リズムが定まらない、常にストレスフルなので、最終的に小さなきっかけでうつ病を発症してしまうケースも少なくないです。

そして看護師になるくらいの人ですから真面目で責任感が強いという特性もうつ病になりやすい要因であると言われているので影響しているかもしれませんね。

みひろ
みひろ
看護されちゃう?

離婚率が高い

これ私のことなんですけどね・・・(笑)

やはりどの土地に引っ越したとしても、一旦は求職していたとしても働くと決めたなら働く場所とそれなりのお給料はあります。

そして子供を一人で育てていくだけの収入もあります(不安はつきませんが)

なので結婚生活が苦でしかなくなった時、出てくる選択肢に「離婚」というのが結構早めに出てきてしまいます。

専業主婦の人やパートの人年収が少なければ結婚生活しんどいけど、夫をATMやとおもって頑張ろうっていう思考になるのでしょうけどね。
(ちなみに子供のために頑張ろうという考えは万人にあるので今回は横においてしまっています)

我慢して毎日ストレスと戦いながら結婚生活を続けるなら、もう少し働いて稼いで離婚しよう!!って言う感じになりやすいのだと思います。

そして職場でも同じようなシングルマザーが本当に多いので離婚しても大丈夫感があるのだと思います。

みひろ
みひろ
亭主元気で留守がいい

スポンサーリンク

まとめ

現役看護師のみひろが自分の子供を看護師にならせたくない理由をつらつらと書いてみました。

これが全てではないですが、収入面、安定面だけで看護師を選択するのは浅はかだと思うのです。

もちろん看護師の仕事自体にやりがいや魅力を感じてもらえての職業選択なら嬉しい~です。

安易な考えで看護師を職業として選択すると痛い目みるよww

最後までお読みいただきありがとうございました。